ED治療薬比較と翌日の効果に関して

ED(勃起不全症)は何らかの原因によって勃起が起こりにくくなる状態をいいます。原因としては様々なことが考えられます。主なものとして、心理的要因、生活習慣病による動脈硬化進行、神経障害などが挙げられます。このようにして起こるED治療には主に薬物療法が行われます。現在日本ではED治療薬として3種類の薬剤が臨床応用されています。それはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。またバイアグラにはジェネリック医薬品も発売されています。これら3種類の薬は同じ作用機序によってED治療薬としての薬効を発揮します。具体的にはホスホジエステラーゼVを阻害することでサイクリックGMP量を増やし、血管平滑筋を弛緩させ、血管が拡張します。それによって陰茎海綿体への血液流入量が増加し勃起を引き起こすのです。しかし3つの薬には相違点も存在します。ここでは翌日の薬効に関して薬比較します。
翌日の薬効に関して薬比較する上で重要な指標となるのが薬効の持続時間です。それぞれの薬効の持続時間についてみてみると、バイアグラは5~10時間程度、レビトラは5~10時間程度、シアリスは20~36時間程度となっています。つまりバイアグラやレビトラに関しては翌日の同じ時間帯には効果はあまり期待できないということになります。しかしながらシアリスに関しては翌日の同じ時間帯でも十分効果が得られる可能性があるということになります。よって薬効の持続時間でED治療薬比較を行うと、シアリスが最も優れているということになります。しかしバイアグラ、レビトラはその代わりに薬効が発現するまでに時間がかからないという利点もあります。このような特徴を踏まえ自分に合った薬を選びましょう。

トップページへ