大垣市のクリニックではEDの原因を解明

EDとは勃起不全などの症状のことを表わしていますが、一般的には加齢が原因と考えがちと言えます。
加齢によって勃起不全が起こりやすくなりますが、それ以外にもストレスを溜めてしまっていることや、不規則な食生活などの生活習慣によって発症する可能性もあります。
性的な刺激が脳から信号によって伝達されることで、陰茎に伝わったときに陰茎海綿体の動脈に血液が流入します。
これによって勃起が起きるわけですが、血管に何らかの障害が生じて動脈硬化などを引き起こしているときには、陰茎海綿体において動脈の拡張が行われなくなることで勃起不全になりやすくなります。
従って、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症しているときには、EDを併発する原因となります。
血管や神経に障害があることが原因のEについては、生活習慣を改めることや神経系の障害を治療する必要があります。
大垣市にはED外来が設置されているクリニックがありますので、自費診療によって治療を受けることができます。
大垣市のED外来のあるクリニックでは、治療薬の処方が行われていてバイアグラやレビトラ、シアリスなどを購入することができます。
ED治療薬については保険が適用されないために、自費診療となりますが、費用のことが気になる人の場合にはバイアグラのジェネリック医薬品を取り扱っている病院もあります。
バイアグラやレビトラの50mgの価格については、1錠あたりにいて1700円前後となっていますが、ジェネリック医薬品であれば1錠につき1250円で購入することが可能です。
大垣市のクリニックでは駅からも近く、予約が不要の病院もあるために働いている世代の方であっても診療を受けやすい体制となっています。
ED治療では費用が高くかかってしまうために、初診料や再診料が無料のクリニックを選ぶことがおすすめとなります。

トップページへ